ホームホワイトニング

ホームホワイトニングなら自宅で寝ながらできるけど効果あるの?

投稿日:

ホームホワイトニングは、自宅で行えるホワイトニングです。

ゆっくり数週間~1ヶ月ほどかけ、歯の内側の象牙質に浸透させることで、

歯の透明度を上げて白くします。

 

1.ホームホワイトニングなら自宅で寝ながらできる?

ホームホワイトニングは、寝ながらテレビみたり、読書したり、

自由な時間にホワイトニングしたい方にお勧めです。

専用のマウスピース

最初、歯医者で専用のマウスピースを作り、

マウスピースの中にマイルドなジェル状の薬剤を塗布します。

1回あたり、20~30分または2時間装着タイプがあります。

 

2.ホームホワイトニングで効果を実感できるのが遅い?

オフィスホワイトニングに比べて速効性はなく、

長期間かけてゆっくりと効果を出すので、遅く感じる人が多いようです。

ゆっくりと効果を出す

例えば、2週間くらいでは、あまり白くなりませんよ。

頻度や元の状態など個人差がありますが、

だいたい1ヶ月~3ヶ月くらいはかかります。

毎日のようにホワイトニングを続けても、イマイチ白さを実感できない場合は、

歯の表層のエナメル質がくすんでいるのかもしれませんよ。

歯科に、みてもらった方が良いでしょう。

 

参考;ホームホワイトニングの効果が続く期間

内側の透明度が上がった歯は、長期間美しさが保たれますが、

例え、タバコ、コーヒー、紅茶等の着色しやすいものを控えても、

2、3年後には元の色に戻ります。

永久ではありません。

 

3.ホームホワイトニングにデメリットはないの?

ホームホワイトニングにデメリット

①ホームホワイトニングにデメリットは時間がかかること

オフィスホワイトニングに比べ、1回30分~2時間の装着時間を要します。

また、

終わった後も、30分くらいは飲食できないので、

食べれるまで時間がかかります。

 

②ホームホワイトニングで注意すること

・妊娠中や授乳中の女性は、ホームホワイトニングできません。

・歯が弱い人は歯に負担がかかり、ホームホワイトニングしない方がいい。

・人工の差し歯などは、ホワイトニング後に作り直して色合わせしてする必要があります。

③ホームホワイトニングはしみる

ホームホワイトニングすると、歯がヒリヒリして痛い場合があります。

 

4.ホームホワイトニングのジェルは通販で買った方がよい?

通販などで売られているジェル状の薬の多くは、

歯の表面に付着した汚れを浮かして取るだけです。

汚れを浮かして取る

歯を白くしたいのであれば、歯科でのホームホワイトニングをおすすめします。

歯科のホームホワイトニングで使う薬剤は、

歯の内側にある象牙質の部分にアプローチし、元の歯の色よりも明るい白にします。

ただ、

専門知識のない人でも安心して使えるように、長期間かけてゆっくりと効果が出ます。

 

5.ホームホワイトニングする頻度がよくわからない?

歯の白さを維持するためには、定期的なリピートが必要です。

歯の白さを維持する

リピートのタイミングは、個人差がありますが、

歯に「色がついた」と思った時がタイミングになります。

薬が優しいければ、年に何回もホワイトニングしても大丈夫!


 

-ホームホワイトニング

Copyright© 他人の歯は白く見えるとは言わせない歯科ホワイトニング@東京 , 2019 All Rights Reserved.