オフィスホワイトニング

テトラサイクリン歯でもホワイトニングで白くなる?

投稿日:

1.テトラサイクリン歯でもホワイトニングで白くなる?

子供の時に継続的に飲まされた"テトラサイクリン系"の抗生物質の副作用によって、

歯の内面の象牙質が黄色~茶色、灰色など2層状の縞模様になって変色します。

"テトラサイクリン歯"と呼ばれます。

テトラサイクリン歯で

 

①歯磨きでは白くならないの?

歯内部の象牙質が着色しているために、市販されている歯磨きなどでは白くすることができません。

タバコや茶渋などによる外因性の着色とは違い、

ホワイトニングで白くするか、歯の表面を削ってベニアを貼付けるしか方法はありません。

 

②歯の変色が軽度で薄黄色の場合ならホワイトニングで白くできる?

一般的にテトラサイクリン歯のホワイトニングは難しいとされていますが、

軽度の着色であればオフィスホワイトニングでも白くなります。

具体的には、

薄い黄色や茶色程度なら、ホワイトニングでそこそこ綺麗になる場合もあります。

 

③ホワイトニングでも大きな結果が出ない可能性もある?

テトラサイクリン歯では、大きな結果が出ない可能性もあります。

テトラサイクリンが歯の象牙質に層状に沈着している場合には、

象牙質の中にあるテトラサイクリンが、エナメル質を通し透けて見えためです。

 

④重度の場合は色むらが出る可能性もあるの?

重度の場合は、一度ホワイトニングしただけでは、あまり効果がありません。

色が濃い場合は、長期間行わないと白くならないばかりか、

色むらが出る可能性も。

テトラサイクリン系の抗生物質による着色の場合、

グレー系ではその着色部分は白くなりにくく薄くなる程度で、

ほとんど変わらない場合があります。

一方、

他の部分は白くなるため、均一には白くならず歯に横縞ができます。

その場合は、一時的に縞模様がかえって目立つかもしれません。

 

⑤ホワイトニングを続けて行うことで縞模様が目立たなくなる?

テトラサイクリン歯だからといって、必ずしも白くならない訳ではなく、

ホワイトニングを続けて行うことで、

全体に白くなり、ほとんど目立たなくなる場合もあるようです。

結論的には、ホワイトニング一度されてみたらいかがでしょうか?

ホワイトニングは個人差があるので、やってみないと分からない面があるから。

削る心配もないですし、駄目だったとしても特に歯に影響がある訳でもなく、

試す価値はあると思いますよ。

もちろん、

ホワイトニングの効果が低そうな場合は、

歯医者から「あなたの歯はホワイトニングできない」と断られるだけですから。

 

2.テトラサイクリン歯のホワイトニングならデュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングで

 

①着色が強い場合にはオフィスとホームを併用したデュアルホワイトニング

テトラサイクリン歯でオレンジや茶色、グレー系で色が濃い場合には、

オフィスホワイトニングだけではその色が薄くなってくるだけで、

縞模様はほとんど変わらず、真っ白にすることができません

しかし、

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて時間をかければ、

ある程度の効果があらわれるケースもあります。

 

②日本で市販されているホワイトニング薬剤では効果期待できない?

テトラサイクリンのホワイトニングはとても難しく、

専門に行っているところでないと効果が大してない場合もあるようです。

それに、

日本で市販されているホワイトニング薬剤は、

アメリカで発売されているような高濃度の薬剤ではなく、せいぜい10%の薬剤。

歯科医院なら、高濃度の薬剤も扱っているところもありますよ(^^♪

 

3.テトラサイクリン歯をマニキュアで白くしても長くて半年?

マニキュアで白く

 

①ホワイトニングでは白く出来ない場合はマニキュアのほうがいい?

ホワイトニングでは、テトラサイクリン系は非常に難しいです。

テトラサイクリン変色歯を白くする方法として、

ホワイトニングの他にマニキュアという方法もあります。

根元の色が濃い場合や縞やグラデーションが強い場合は、

マニキュアのほうがいいかもしれません。

 

②マニキュアはどのくらいもつのでしょうか?

ぼろぼろとはがれるまで綺麗な状態で、

短いもので3週間、長いもので半年間が限度と言われます。

マニキュアは、歯を削らずに樹脂を塗って固めるだけなので、

どうしても最後ははがれます。

1本1万円前後の費用もかかり、この値段では、

全部で12本にするか16本にするか迷うでしょう。

 

③近くで見ると塗りむらがわかりますか?

マニキュアは、遠くから見ると綺麗に見えますが、

近くで見ると、どうしても塗りむらが目立ちます。

歯の表面がツルツルなうえ、色も白さが不自然。

かなり上手塗らないと、天然の状態と見えません。

 

4.どうしても歯を白くしたい場合はラミネートベニア

どうしても、歯を白くしたい場合は、爪のようにセラミックを接着するラミネートベニアか、

差し歯タイプの冠(クラウン)になってしまいます。

どうしても歯を白くしたい

 

①ポーセレンラミネートベニア法

ラミネートベニア法は、初め、歯の表面のみをごく薄く削ります。

次に、

厚さ0.5㎜程度の薄いポーセレン(セラミック)のシェル(薄ベニア上の補綴物)を、

つけ爪の様に歯の表面に貼り付ける審美的回復治療の方法です。

 

②ラミネートベニアの長所

  • 色だけでなく、白さも選ぶことができます。
  • 歯の隙間や形も修正改善できるので、すき歯もいっぺんに治すことができます。
  • ポーセレン(セラミック)なので、安全で磨耗や変色の心配なく耐久力があります。
  • 治療が最短2回の通院と少なくてすみ、麻酔も必要ありません。
  • 差し歯タイプの冠(クラウン)より削る量が圧倒的に少ない。
  •  

    ③ラミネートベニアの短所

  • 一番問題なのが健康な歯を削るため、虫歯になりやすいこと。
  • 脱落したら、またつけてもらうことを繰り返した場合、費用が馬鹿にならない。
  • 年数がたち歯茎が下がると、段差がわかってしまいます。
  • 表面は美しく自然な感じに仕上がりますが、歯の中の色が多少なり漏れて、どちらかと言うとくすんだ白になってしまいます。
  •  

    ④ラミネートべニアの費用

    自費診療なので、1本8万円程度が相場です。

    高額になります。

    保証は、5年以上は欲しいところですね(^^♪

     

    ⑤差し歯タイプの冠(クラウン)

    歯の周りを削ってセラミックの冠(クラウン)で全部被せてしまう方法です。

    これも、セラミックなので、色を調整することが可能。

    しかし、削るというのは、歯の健康にはよくありません。

    それに、ラミネートべニアより、さらに高額です( ゚Д゚)

     

    5.テトラサイクリン歯の歯科での治療に保険はきかない?

    テトラサイクリン歯の歯科での治療には、保険は利用できません。

    テトラサイクリン歯の歯科での治療

    ホワイトニングやラミネートべニアなどは、美容的な自費診療の審美歯科だからです。

    保険以外の公的補助はないので、

    残念ながら、治療するならご自分で負担するしかありあせんね。

     

    -オフィスホワイトニング

    Copyright© 他人の歯は白く見えるとは言わせない歯科ホワイトニング@東京 , 2019 All Rights Reserved.